今年の桜

 朝、出勤前に花見さんぽ。  わたしと同じような通勤姿の人たちが、ちらほら立ち止まって桜を見ていた。皆さん、それぞれにいろいろな思いを抱えてここに立っているのだろう。  

20220326②

ひととおりその分野を勉強した後で、あらためて最初から読むことで、その基本書を書いた先生の哲学が身にしみるということがある。 それを鮮烈に体験し、また体験し直すというのは、この年になった自分にとってとて…

20220326

 雨が降ったり止んだりの土曜日。  ギリギリで民訴基礎研修最終回受講完了。ちょうど新型コロナが日本に入ってきたあたりの収録だったそうで、この回のみ無観客収録。講師の村西先生が、「来年、再来年にご覧にな…

一週間乗り切った

 このまま行けば3月も乗り切れそう。  今週は、子供が3日間、朝から夕方までみっちり全学年で討論するという昼食つきの学校行事(任意参加)に参加していて、夫も2日間は昼がいらないというので、週の後半は在…

20220323

ウクライナのゼレンスキー大統領が、日本の国会でオンライン演説をしたのを聞いた。 震災、東電原発事故、地下鉄サリン事件といった言葉をひとつも使わずに、これらを経験した日本の人たちの想像力にダイレクトに働…

電力需給ひっ迫警報とか

ひっ迫は逼迫と書きたいとこではある。 先日の震度6強の地震の影響で大きな火力発電所が停止し、復旧にはしばらくかかる見通しの中、今日は気温が低下して、東電・東北電の管内で電力の需給が厳しい状況となった。…

柳家さん花さんの会

 下北沢「劇」小劇場で。「古典粒選」第2回。  さん喬一門箱推しだけど、ちょっと(だいぶ)えこひいきしてるのが小んぶさん改めさん花師匠で、「らくだ」を通しでやってくださるというので飛んでった。  さん…

学ぶことについて

 少子化傾向にも伴い、リカレント教育とか生涯学習とかに脚光が当たっている昨今、大人になってから「学ぶ」ことの意味と価値についてしばしば考える。最近は、主婦として子供を育てながら大学院で研究していること…

怒濤の3月

 期限ものラッシュがちょっと落ち着いてきた。いやー、しんどかった。しかし、お仕事をいただけるのはありがたいことです。  絶賛、付記試験の勉強中でもあり、ダニング・クルーガー現象からの「わたしなにもわか…

戦争とイノベーション

 ロシアのウクライナ侵攻に伴って、倫理面人道面でのショックがあまりにも大きかったのはもちろん、日常的な仕事上も考えることが多すぎる毎日。  知財政策への影響について、これまでいろいろと情報が飛び交って…

このサイトは を使っています。